コラーゲンとヒアルロン酸

背中ニキビにも関係あるかな?

ムダ毛処理のことから始まり、そして背中の美容やニキビケアのことまで、いろんなことを調べてるところですが、何かと気がそれることが多いんですよね。性格なんでしょうけど、それは関係ないのかなとか思いながらも知りたくなることもあったりします。背中ニキビのケアを見てると、もちろん背中特有の原因というのはあるみたいですが、それでも肌のことにはかわりありませんし、日々の生活の中に原因や考えられる対策があったりするんだろうなって思うのです。今日はちょっとだけですが、肌のコラーゲンやヒアルロン酸とかのことも調べてみました。
ふっくらとした肌を作っているのは、「真皮」の働きの賜物。そしてその真皮の主要成分はコラーゲン。水分を除けば真皮の約70%を占めるといわれる。そしてそのコラーゲンをつなぎ止めるように支えているのが「エラスチン」というゴムのような弾力のある繊維である。こちらは水分を除いた真皮の5%前後を占める成分だが、やはりご多分に漏れず加齢と共に減少してしまい、シワやたるみの原因となってしまうというのだ。そしてコラーゲンやエラスチンで作られた網状構造の隙間を埋め尽くしているのが「ヒアルロン酸」というゼリー状の物質。ゼリー状なので弾力もあり、真皮の構造を安定して保ってくれるという大切なヤツ。このヒアルロン酸は水分維持力が高く、化粧品では保湿成分として配合されることも多いという。真皮を構成するコラーゲンとエラスチン、ヒアルロン酸をベッドに例えるならば、コラーゲンはベッドのスプリング、エラスチンはスプリングをつなぎとめる部分、ヒアルロン酸はスポンジ部分に当たると言われている。なるほど、どれ一つ欠けても弾力性のある質の良いベッドは作れないというわけか。まぁ実際我が家ではスプリングの入ったベッドは使用していないが、何となく長年の経験からイメージはつくゾ(^^;それぞれがとても大事な役割を果たしている、ということは。
これはかなり前に人に聞いたんだけど、だからってこういった成分が入ってるサプリを飲めば解決というものでもないんでしょうね。コラーゲンってアミノ酸に一旦分解されるから、飲んでもお肌で使われるか分からないって聞いたことがあるんです。ムダ毛処理と背中ニキビのピーリングのところで書いたかもしれませんが、ムダ毛処理は肌への負担が大きいので、その後のケアも気にしたほうがいいんだろうなって思うのです。何だかんだ、体のケア、美容についてはあまり考えてないことが多かったなってちょっと反省です。